ホーム » 日記 » 台湾の高カロリーなお菓子

台湾の高カロリーなお菓子

職場に台湾の大学の人が見学に来ました。
台湾の人と言っても同じアジア人なので、日本人と区別がつかない人も多いですよね。
今回職場に来た台湾の人は、日本語がとても流暢だったので、日本人と言っても分からないだろうなと思いました。
私の職場は、地震や火山についての研究を行っている機関です。
そのため、職場には、火山についての資料や地震を測定する地震計などがあります。
台湾から来た人も、火山や地震などを研究している人たちで、午前中いっぱい先生から説明を受け、資料などを見学していました。

そして、帰るときに、台湾のお土産といい、たくさんお菓子を頂きました。
そのお菓子は、台湾で人気が高いお菓子なのだそうです。
そのお菓子の1つは、果物のケーキのようなものでした。
チェリーやパイナップルなどの味がありました。
私はこのケーキのチェリーを頂きました。
お昼に食べみたのですが、それはケーキというより乾燥した果物が入ったクッキーに近いものでした。
クッキーより柔らかい感じなのですが、しっとりとしておらず、食べようとするとぼろぼろと崩れてきました。
味は、パウンドケーキのような味がしました。
果物もケーキもとても甘かったです。
そして、食べたあとに驚愕の事実が発覚しました。
ケーキの後に熱量という文字があり、400と数字がありました。
「熱量ってカロリーのことだよね?」と一緒に同じお菓子を食べたいた同僚に思わず問いかけました。
「たぶんそうだと思うよ」と同僚が言ったので、お菓子の後を見てと私が言い、その数字を2人で確認しました。
「‥」思わず言葉を失いました。
そのケーキは、縦横だいたい3cmくらいの小さなお菓子です。
厚みはありますが、よくあるお土産サイズです。
そんなお菓子が400カロリーもするとは思いませんでした。
確かに、甘くてこってりした味だったので、カロリーは高いだろうと思ったのですが、まさか400カロリーもするとは‥。

それから、他のお菓子にもカロリーが書いてあるかもしれないと思い、お餅のようなお菓子の裏を見てみると、その御菓子は、熱量460でした。
台湾の人は日常的にこのようなお菓子を食べているのでしょうか。
恐るべし台湾のお菓子です。
今度からカロリーの表示を確認してから食べようと思いました。