羨ましき若さ

あはは、こんなことになってます。

子どもって純粋にバカですよねー。
あ、もちろんコレは我が子です。
流石によその子をつかまえて「バカ」とは言いません。

食後にちょっと物足りなくてプリッツを食べていたところ。
「見て!見て!あいたたた・・・」と振り向いた息子の顔がこうなっていました。
私もやったなぁ~・・・
え!?小学生なら女子でも誰でもやりましたよね!?

それはさておき。
小学生の頭は本当にスポンジです。
いろいろ刺激に反応し、興味のあることもないことも容易に吸収します。
大人でも勉強すれば吸収はしますが、早さも容量も大きく違います。
きっと刺激を求めているのでしょうね、無意識に将来を模索中といいましょうか・・・

今週末は息子の予定が何個も重なりました。
小学校の課外教室「宇宙くらぶ」、スイミング主催の水泳大会の夜練習、それから主人の会社の現場見学会(マンションの建築現場)、ロボット教室の体験。
どれも息子が自ら手をあげて参加希望したものです。
そしてこれが見事に数時間おきにスケジュールが調整できまして。
きっと彼にとっては濃い週末となるでしょうね(*^_^*)

あぁ、息子を見ていると自分が同年代の頃を思い出します。
つい昨日のことのように・・・
きっと今の記憶のいくつかは彼の記憶に永遠に残るものになるでしょうね。
そんな大切を過ごしている息子、あぁ羨ましい。その若さ(笑)

年老いた父と母に出来るのは、あなたの興味と刺激を支えること。
そう思い、今週末は息子のサポートを頑張ろうと思っている私たち夫婦なのでした。