皮なし餃子

韓国の餃子に皮なし餃子というものがあるようです。
何を隠そう、自他共に認める不器用さ。
私は餃子の皮のひだを作るのが苦手です。

以前、プロの方にやり方を教えてもらいましたが、やはり上手く出来ません。
もう、餃子作りに関しては諦めていました。
旦那が作れるからいいかなと(笑)。

そんな時にこの皮なし餃子のことを知りました。
これなら作れるぞ~♪

冷凍庫内のお肉の整理と野菜室の野菜の整理をしました。
どんなに頑張ってもタネが繋がらないなと思ったら、蒸し始めて卵が置き去りになっていることに気付きました。
まとまるわけがないですね…。

中に使ったお肉が良いものだったので、味は最高に良かったです。
しかし、形はぐちゃぐちゃに崩れました。
一緒に蒸せなかった分は焼いてしまいました。
その方が取り出しやすいと思ったので。

タレは実家近くの美味しい餃子専門店のタレです。
こちらのタレだけで売ってくれたら絶対に買うのになぁ。
何が入っているか未だに解明出来ていないので、自作も出来ないんですよね。
企業秘密だろうから聞けないし。
餃子はいらないからこのタレだけ売ってもらいたいです。

当然のことながら、今回の皮なし餃子もこのタレのお陰で美味しく頂きました。
次は失敗しないように作りたいと思います。