「環境に嘆いている暇があったら」

逆境にありながらも、希望を捨てないことほど難しいことはありません。
しかし、逆境を逆境とすら思わず、世のため、人のために生きた人たちがいます。

「かくなれば かくなるものと知りながら、やむにやまれぬ大和魂」

明治維新で活躍した伊藤博文・高杉晋作さを輩出した、松下村塾の指導者である吉田松陰の言葉です。
吉田松陰はわずか30歳で、獄中で命を落としたとされています。

このまま行けば幕府につかまってしまう。命を落とすことになるかもしれない。

こうなればこうなる、という図式は彼の中ですでに予測はついていたのだと思います。
しかし、自分の信念を曲げることができなかったのです。
やむにやまれむ大和魂、男の信念が志を曲げることを許さなかったのでしょう。

獄中でも吉田松陰は、囚人にものを教えて続けていたといいます。
「死して不朽の見込みあらば、いつでも死ぬべし、生きて大業の見込みあらば、いつでも生くべし」
この言葉を体現するかのように、断頭の露と消えてしまったのです。

しかし、死してなお、彼が教育者として成したことは塾生に受け継がれました。
はたして松下村塾のトップであった吉田松陰に叶うリーダーたちのような人材は、日本に誕生するのでしょうか。
自分と自分の家族のために生きることはできても、国のために人生をかける覚悟がある人がいるのでしょうか。

孔子は良き政治とは「自分の修養を積み、万民を安らかにすること」だと弟子に答えています。
国のために奔走する国士がいなくなったと言われて久しいです。
消費税増税が議論されているなか、万民を安らかにするのではなく、逼迫するのが政治なのかと思いたくもなります。

孔子の時代のように、飢えて死ぬ人もいない。
吉田松陰が生きた時代のようにに、政府と考え方が違うからと、刑務所に行くこともない。
昔の人から見たら豊かな時代かもしれません。

禅の言葉に「随所において、主(あるじ)たらしめん」という言葉があります。
環境を左右されず、自分が環境を支配せよという意味です。
政府に文句ばかり、現状を嘆いてばかりいる私の姿を、禅僧が見たらどうでしょう。
嘆いている時間があれば何か行動せよと、喝を入れられてしまうかもしれません。