お気に入りのヘアサロン

私は長い間、ヘアサロンをお試し価格で渡り歩いてきました。
今のサロンに定着したのは3年前。
今までのヘアサロン浮気遍歴がうそのように、今のヘアサロンの行きつけのお客になっています。

結局、今のヘアサロンに落ち着いたのは担当の美容師と「猫好き」という共通点があったからでした。
私は大の猫好きなのですが、重度の猫アレルギーなのです。
花粉症の治療で、アレルギー検査をしたところ、「ちょっと触るぐらいならいいが、飼ってはダメ」と言われてしまいました。

何年も「猫を飼いたい、でも飼えない」という葛藤でもんもんとしていた時に、今のヘアサロンの前を通りました。
私好みの綺麗な三毛猫が、ヘアサロンのガラス越しにじっとこちらを見ていたのです。
「かわいい~!」と見とれていると、中から美容師さんが「どうかされましたか?」と声をかけてくれたのです。

ちょうど髪を切りたかったので、中に入りました。
髪を切っている最中、美容師さんに言われました。
「やっぱりね、お客さん猫好きだと思いました。すごい勢いでうちの子(猫)のこと、見てたから」

出会いから3年、看板猫の三毛猫はいつ行っても、かわいい顔で迎えてくれます。
カウンターにちょこんと座って、お見送りしてくれるのがなんともいえない可愛さがあります。
たまに他店に浮気しますが、可愛い猫ちゃんたちに会いたくてすぐに戻ってきてしまいます。
猫なりに自分の可愛さを理解してて、演出してるのかなと思ってしまいます。

毎年どんどん猫が増え、毎年届く年賀状にはいつも「仲間が増えました」と書いています。
行くごとに猫が増えているのも、私のような猫好きのお客にとっては楽しみなのです。
次は他店に乗り換えようと思っても、年賀状の写真のあの猫に会いたいと思ってつい足を運んでしまいます。

女性にとってヘアサロンは日常の嫌なことから解放される癒しの時間です。
ヘアサロン側は価格や技術があって、リピーターが来ると思っているように思います。
お客側である私からすれば、居心地や美容師の人柄などが、太く長いリピーターを作るのだと思います。

梅雨が近づき、くせの強い髪の私は、そろそろカットしないといけません。
あの子に会いに、またヘアサロンに行こうと思っています。