ホーム » 健康

カテゴリー別アーカイブ: 健康

病床で生きる支えになる花と小鳥

アウシュヴィッツ収容所の””マロニエの樹””のエピソードをはじめて聞いたのは、学生時代でした。残虐極まりないユダヤ人強制収容所で、ある女性が病に倒れました。

瀕死の女性は、小窓から見えるマロニエの樹と話すことで生きながらえていたそうです。はじめて聞いた時は、聞き流していました。

当時、21、22歳で若く健康だった私は、死の床に付く人の気持ちを想像すらしませんでした。事故で足の機能を失った私は、ほぼ寝たきりだった時期がありました。

食べ物を母親に口に入れてもらう以外は、臥している毎日。なんのために生きているのか、と思わざるをえませんでした。

唯一のなぐさめが、早朝にベランダに遊びに来るスズメと寝室にある花でした。事故に遭う前は、動き回ることが大好きでした。

思い込んだらまっしぐら。鉄砲玉のように、あちこちを飛び回る人生を送っていました。当然、花を愛でる趣味などなく、サボテンすら枯らす不精っぷりでした。

寝室の花は、病院の近くの花屋でみずから買っていました。お見舞い用の花だけでなく、「忘れな草」が置いている変わった花屋でした。

忘れな草の花言葉は、「私を忘れないで」です。恋人に花を取ってあげようとして悲運の事故に遭った男性のいまわの際の言葉だそうです。

忘れな草は、淡い色の花が静かに咲いています。どこか悲しげにみえるたたずまいは、悲恋の逸話を持つ花だからでしょうか。

昔はカトレアや薔薇といった大輪の花が好きでした。事故に遭ってからは花の形が小さくこぶりな花を好むようになりました。

世間の片隅でひっそり生きている自分の暮らし。ひそやかに咲いている花を見ると、共感し、ほっとするのです。

病床にいると、殺風景な暮らしになりがちです。花があると、無味乾燥な日々に、ぱっと光が差し込むようです。

私は花に話しかけることはしなかったのですが、スズメにはついつい話しかけてしまいます。

早朝5時ベランダの手すりでぴいぴい鳴きながら、ジャンプしているスズメが来るのです。

餌付けした訳でもないのに同じぐらいの時間に来て、ぴいぴい鳴き出す可愛さに毎朝、ノックアウトされます。「可愛いね」と思わず、話しかけてしまいます。

花や小鳥、病床にいる人間にとって、生きる支えであり、かけがえのない癒しなのだと思います。

ダイエットに取り組む毎日

春から夏に季節が変わろうとしています。
もう半袖で外を歩いても、ちょどいいぐらいの季節です。

半袖になると困るのが、二の腕のお肉。
「振袖」なんてたとえはよくいったもので・・。
可愛いカットソーを見ても、つい買うのをためらってしまいます。

細身の作りだから、ここに私の二の腕を入れたらボンレスハムだと想像してぞっとしたり、
可愛いカットソーなのに、私に着られちゃかわいそう!と思ってみたり、
泣く泣くお店を出たあとにいつも決意するのがダイエット。

芸能人がダイエットにチャレンジして、劇ヤセした記事を見ると発奮して一時はがんばるのです。
でもなかなか、後が続かないです。
そして、どか食いして、リバウンドの繰り返し。
自分の意志の弱さが嫌になります。

なんとかダイエットしてリバウンドの悪循環から抜け出したくて、私がはじめたのは「ダイエット・エクササイズ」。
1日15分なら、怠け者でずぼらな私でも続くだろうと思って、早速購入。

15分という短い時間のエクササイズなのがよかったのか、3日坊主にはならず、案外続いています。
スタイルのいい女性みたいになるんだ、と目標ができるのも嬉しいことです。
汗をながしているからか、爽快な気分になることができます。

運動した分、食欲がわいてくるのは難点だけど・・。
今年は無理でも、来年こそは可愛いカットソーの似合うスリムな女性になりたいものです。
ダイエットに成功したあかつきには、どんな服を買おうかなと考えながら、通販カタログを見る毎日も楽しいもの。

どんどん夢が広がってきて、本格的にダイエットに取り組むことにしました。

食事は腹八分目で、可愛い柄のランチョンマットで食べることにしました。
仕事をしていた時は、パソコンの前で仕事をしながら、なんてことはしょっちゅうでした。
しっかりよく噛んで、なんてことは全然しなかった私。
お気に入りの音楽をかけながら、時間をかけてゆっくり食べるようにしています・

今までは面倒くさがっていた家事も、エクサイズだと思って取り組むようになりました。
動きを大きくしてみたり、ひねりの動作を入れてみたり、ちょっとした工夫をするようにしています。
 
半身浴をはじめました。お気に入りの入浴剤に、防水ラジオ。
英語の語学番組を聴きながら、入浴しています。
ダイエットと同じで、なかなか続かない英語学習。
半身浴の最中にラジオを聴くなら、一石二鳥だと思って始めました。

今までズボラで何をやらしても続かなかった私。
最近、ちょっと頑張ってるじゃない!?と思う日々が続いています。

時々、今までだってなにごとも続いたことのない私が大丈夫!?と心配になります。
大丈夫、きっとできると言い聞かせながら、自分を信じてダイエットに取り組む毎日です。

チョコレートパック♪

今日は最近さぼりがちであったパックを行う事にしました。
毎日続けようと思っていたのですが、いつも洗顔をするだけでパックを後回しにしていました。

肌の保湿や栄養を与える為には、パックを欠かさない事が大切です。
私の母はもうある程度の歳ですが、毎日パックをしているからか肌は私よりも肌理が細かいのです。

先日まで利用していたパックはなぜか非常に油が溜まりやすい物だと判り、使うのを辞めてしまっていたのです。
油が溜まると保湿には良いのですが…油とり紙で処理をするのが面倒なのです。

母から貰った韓国エステ用品を色々と見ていくと…。
『チョコカカオパック』と書かれた名前のパックを発見しました。

私は韓国語が全く読めないので、母が訳してくれた効能書を読んで見ると…。
古い角質を落とし、清らかな肌にすると書かれていました。

カカオパウダーがたくさん入っているらしく、カカオパウダーの力で古い角質を落とす事が出来るそうです。

そして更にカカオエキスのミネラルが肌を活性化してくれるそうです。

栄養と肌理細かさを望む私には、まさに最高のアイテムだと思いました♪
早速使ってみようと思い洗面所へ行きました。

チョコカカオパックはチューブにクリームが入っているタイプでした。
チューブからクリームを出そうと絞ってみると…。

「プスッ」と音を立てて出て来たクリームは、茶色いクリームでした。
「小学生の男の子から思わず喜びそうなクリームだな」と下品な事を考えながらもそれを顔に塗る事にしました。

顔全体に馴染んだと思い鏡を見てみると…。
顔面が全体茶色一色になっていました。

元々私は色が白い為、首の色と比べると余計に茶色が目立っていました。
見た目だけで言うと、何だかインディアンのような感じになっていました。

10分間程そのまま置いておかないといけないので、部屋へ戻ると…。
恋人が私を見て大爆笑していました(-w-;)
散々笑われたあげく「夢に出て来たらどうするよ」とまで言われてしまいました。

今度恋人が寝ている間にたっぷりと塗ってやろうと思います。

そんな悲惨な10分間が終わり、ようやく洗い流す事にしました。
あまりに濃い茶色だった為、まさか肌に色が染み込んだりしないのかと不安になっていました。
ですがそんな心配も無く綺麗にぬるま湯で落ちてくれました。

顔全体を綺麗に洗った後、タオルで拭くと肌はとてもツルツルになっていました♪

これは効果的面なパックだと判った為、またしようと思います。
ただし今度は恋人にバレないようにとひっそりと行う事にします。

健康第一

信号が赤になり止まりました。
先頭車になり、思いがけず綺麗な風景に出合いました。
思わず携帯でパシャリ。

何気ないこんな風景にホッとする最近です。
年のせいかな(笑)

車を走らせていたのは、耳鼻科へ寄った帰りでした。
今はイネ科の花粉の時期。
花粉症がひどいのは主人と息子ですが、私と娘もイネ科には反応します。
ということで、この時期だけは家族そろって内服中なのです。

幸いなことに、お世話になっている耳鼻科は一度の受診で電話で薬を処方してくれます。
前回の薬を内服して症状がどうかを伝えることで、薬を変更したり増量してくれます。
主人は多忙、小学生と幼稚園の子どもの予定も違いますし、私が仕事終わりにサッと寄れるというのは本当に有難いことです。
薬がきれると家族全員本当に酷い状態ですから・・・
涙目、目の痒み、鼻水、鼻の痒み、くしゃみ、鼻づまり、呼吸困難・・・
しまいにはボーっとして誰も話さなくなりますからね(苦笑)

で、忙しい母ですが、家族のために薬をとりにいったという訳でした。
私もないと苦しいしね(笑)
とは言え大変よ、あっちの方が。お金の方が。
家族全員で1カ月に1万円は掛かりますね、それが2カ月。
主人と息子に至っては年がら年中、内服してますし。

健康第一。
早くアレルギー性鼻炎が完治する時代がこないかな~と思う我が家なのでした(;_;)